消息、断つ  岡部千鶴子  2017.3.3.

2017.3.3. 象が歩いた ‘02年版ベスト・エッセイ集

編者 日本エッセイスト・クラブ

発行日           2002.7.30. 第1
発行所           文藝春秋

岡部さん(フリーライター)が載っているといわれて読む

『消息、断つ』
1979年春、 大学4年でフランス遊学の帰路、パリ発アンカレッジ経由東京行きの大韓航空機。アンカレッジ手前で突然急降下、2時間の低空飛行、救命胴衣着用の指示、湖上に胴体着陸。ソ連領空侵犯でソ連戦闘機から銃撃を受け、機内後方は2人死亡で血の海
日本のテレビニュースが、消息絶つの報を伝えたのは低空飛行の最中で、「全員絶望」「C. イワヤ」と出て、家族は固まる
町の公民館に収容。翌夕刻ヘルシンキに移送。パリを出てから3日後に無事帰路に就く
心の本当のところで「死」は意識になかった
事件から20年後、亡くなった父の日記を読んでいたら、あの日がページが最も長い
第二次大戦にも行き、剣道で鍛えた父がただただ悲嘆にくれるとの記述に、泣かずにいられなかった
生前に見ていたら、もっと良い娘になれたのに。父娘とは、肚(はら)を割って言葉を交わしたり理解し合うことはなく、謂れのない憎しみで刺々しくなっていくものなのだろうか。心の底から謝りたかった
葬儀は父の弟子たちの手に委ねられ、父の部屋にまるで家探しするように入ってきて、懐かしいものを探して祭壇に並べた。努力で勝ち取った師と弟子の紐帯は、ただそこに生まれましたという意思のない血の絆よりも美しく思えた。私は負けたと思った
大車輪の葬儀前夜に出てきた日記が、いま、語るように枕元にある
(『秋田さきがけ』1013日、1117日、1229)







コメント

このブログの人気の投稿

昭(あき)―田中角栄と生きた女  佐藤あつ子  2012.7.14.

大戦秘史 リーツェンの桜 肥沼信次  舘澤貢次  2012.10.13.

ヴェルサイユの女たち 愛と欲望の歴史  Alain Baraton  2013.9.26.