投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

ピカソになりきった男  Guy Ribes  2017.3.28.

2017.3.28.ピカソになりきった男 Auto Portrait D’un Faussaire2015
著者 Guy Ribes1951年(?文中に81年に30歳との記述あり)仏ロアンヌ近郊(中東部)生まれ。両親は売春斡旋人で、幼少を娼館で暮らす。8歳で絵に目覚め、以降、絵道具を肌身離さず持ち歩く。路上生活の後、リヨンの絹織物デザイン工房の職人を経て、フランス海軍に入隊。除隊後、水彩画のアーティストになり、絵で生計を立てる。75年頃に偉大な画家たちの模倣を始め、84年ある人物との出会いで本格的に贋作作家の道に入る。05年逮捕、10年に禁固4年、執行猶予3年、1年間の保護観察付処分の刑を受ける。12年、映画《ルノワール 陽だまりの裸婦》のスタッフとして、絵の制作とルノワール役のミシェル・ブーケが絵を描くときの手の役で協力
翻訳者 鳥取絹子 翻訳家、ジャーナリスト
発行日           2016.8.13. 初版第1刷発行 発行所キノブックス

本書は、天才贋作作家の手記 ある美術評論家は、「ピカソが生きていたら彼を雇ったであろう」とギィを評する 05年に逮捕されるまで、数十年裏ビジネスに手を染めていた 贋作だが、名画のコピーではなく、巨匠が描いたかもしれない全くの新作の創造 彼の贋作は、ピカソ、ダリ、シャガール、マティス、ルノワールなど、美術館の目玉となるようなものばかり 実刑が確定し、彼が描いたと自認した贋作はすべて没収、もしくは破棄されたため、実際の作品の写真はないが、恐ろしいことに、ギィは、「いまだに俺の贋作はオークションやギャラリーに並んでいる」と。さらに、「俺の事件は氷山の一角に過ぎない」と、実名を挙げて贋作ビジネスのからくりまで明らかにしている 娼館に生まれ、青春期を路上で過ごし、やがて贋作ビジネスと出会い、派手な生活を送り、最終的には逮捕される 破天荒な彼の人生と、億単位の金が動くアート市場の実像 「ピカソになり切った男」ギィの筆は生々しくも、清々しい
逮捕された瞬間の気持ちは、安堵感だった。長く肩にのしかかっていた重荷が、一瞬にして吹き飛び、これで自分自身の戻れる、偉大な巨匠の高みを忘れ、自分の足でうまく切り抜けられるようになる、と思った 10年にわたり、贋作の才能を利用されて大掛かりなペテンを行う仲間のために仕事をしていた。30年近くの間、俺は自分の様式で他人に成りすまし…

マティスとルオー 友情の手紙  Jacqueline Munck  2017.3.25.

2017.3.25.マティスとルオー 友情の手紙 Matisse-Rouault, Correspondence 1906-1953 ≪Une Vive Sympathe D’Art≫ 2013
編者 Jacqueline Munck パリ市立近代美術館学芸部長。専門はフォーヴィスムを中心にした近現代美術史。「ジャン・ピュイ ブルターニュのフォーブ」展(1995)を始めとして、「フォーヴィスムあるいは〈火の試練〉ヨーロッパにおけるモデルニテの爆発」展(1999)、「マティスとドラン フォーヴィスムの真実」展(2005)など重要な展覧会を国際的に企画監修。近年では同館で「戦下の芸術 フランス1938-1947」展(2012)を共同企画し注目を集めた
訳者 後藤新治 1950年福岡県生まれ。九大工卒後同大文終了。北九州市立美術館学芸員を経て、現在西南学院大国際文化学部教授 石川裕美 ミネソタ生まれ。ICU教養卒。舞台芸術、美術などの分野でフランス語逐次・同時通訳、翻訳協力などを行う 増子美穂 東京都生まれ。パナソニック汐留ミュージアム主任学芸員。ICU教養卒。成城大大学院文学研究科修了。02年より汐留ミュージアム開館準備室を経て現職
発行日           2017.1.6. 印刷       1.16. 発行 発行所みすず書房
編者によるまえがき 日本のコレクターや美術愛好家がルオーやマティスの絵画に注目し、深い関係を結んですでに久しい 1953年、国立博物館でのルオーの大規模な回顧展に際し、コレクターの福島繁太郎(1895~1960)が1924年初めてルオーと出会い、作品を入手した時のことを回想。自分が日本人で最初にルオーを発見したと思っていた折、梅原家の床の間にルオーの《グワッシュ》(不透明水彩絵の具で描いた絵)を見て驚く 西洋美術の渡し守の役割を演じた福島男爵は、自分の鑑識眼を頼りにセザンヌ、ピカソはもとより、ドランやマティス、ルソー、シャガール、モディリアーニへとその収集の幅を広げていく。33年帰国後も彼らとの親交は続き、卓越した文化大使として活躍、日本の美術批評界に受け入れられるよう尽力 里見勝蔵(1895~1981)のように、ルオーの影響を受けるあまり、作風が近似する画家が現れる 出光佐三(1885~1981)のコレクションも有名 パナソニック汐留ミュージアム・ルオーギャラリーは、…