投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

デジタル社会の日本語作法  井上史雄他  2017.2.19.

2017.2.19. デジタル社会の日本語作法
著者 井上史雄 1942年生まれ。現在、明海大外国語学部教授。社会言語学・方言学。 荻野綱男 1952年生まれ。現在、日大文理学部教授。日本語学・社会言語学。 秋月高太郎 1963年生まれ。現在、尚絅(しょうけい)学院大総合人間科学部准教授。言語学・語用論
発行日           2007.7.26. 第1刷発行 発行所岩波書店
メール、ケータイのあるべき作法とは? 社会言語学の目から見た”実用的”現代コミュニケーション論 電子メールに時候の挨拶や拝啓・敬具を書いたら変か? メールの返事はどれくらい直ぐに返さないといけないのか? ネット会議で、顔を合わせたことのない人たちと、誤解のないようにやり取りするための留意点は? ビジネスで、日常で、ケータイやメールが当たり前のコミュニケーション・ツールになった現代。自分で気づかないうちに、相手に不快感や誤解を与えないためにはどうするか。デジタル社会の「ことばの作法」を、言語学者が、基本原理から丁寧に説き起こして指南する
本書の狙い 電子メールやケータイに焦点を当てて、新しく形成されつつある作法を、社会言語学の目で整理しようと試みた
序章 デジタル社会の作法 (井上) デジタルの基点は、コンピューターの基礎を作ったシャノン(1916~2001)の発想 通信手段が社会を変えるかという問いは、昔から論じられてきた ⇒ ケータイの普及による日常行動の変化 デジタル・コミュニケーションが急速に広まると、電子メールが「無形の刃物」になり得るにもかかわらず、個人の良識・常識・作法・マナー・エチケットに頼っている 昔から書状では、対人関係に十分配慮した書き方が発達、用心深い書き方ができた 電話のマナーは、発明から100年以上たった今、規範と言えるものが確立している デジタル社会の新作法を身につけることは、社会人としての適性判断の基準になり得る
I章 デジタル出世論――メール作法の通時論 (井上) 通時論 ⇒ 多様な現象を、まずそれが成立した歴史的経緯から位置付け、相互にどう関わっているかを考察する 共時論 ⇒ 一時点での仕組み・体系・構造を扱うもの メール文化の上からの変化 ⇒公的言いかえが提唱される場合で、差別語・不快用語がいい例。痴呆症・ボケに代わって「認知症」と言ったり、イザリウオと言えずに「カエルアンコウ」と言ったりしているよう…

誰が音楽をタダにした?  Stephen Witt  2017.2.8.

2017.2.8. 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち How Music Got Free ~ The End of an Industry, the Turn of the Century, and the Patient Zero of Piracy              2015
著者 Stephen Witt1979年生まれ。ジャーナリスト。シカゴ大卒。コロンビア大ジャーナリズムスクール修了。シカゴ、ニューヨークのヘッジファンドで働いたほか、東アフリカの経済開発に携わる。『ニューヨーカー』誌などに寄稿
訳者 関美和(みわ) 翻訳家。杏林大外国語学部准教授。慶應大文・法卒。ハーバード・ビジネススクールでMBA取得
発行日           2016.9.20.初版印刷             9.25. 初版発行 発行所早川書房
「自分が何をやってのけたか、わかってる? 音楽産業を殺したんだよ!」