投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

ザッポスの奇跡  石塚しのぶ  2017.1.25.

2017.1.25. ザッポスの奇跡 アマゾンが屈したザッポスの流通改革とは The Zappos Miracles
著者 石塚しのぶ 日米間ビジネス・コンサルタント。Dyna-Search, Inc.代表取締役。南カリフォルニア大オペレーション・リサーチ学科修士課程修了。コニックスバーグ・インストゥルメント社(パサデナ市)にてNASAプロジェクトのプログラム・マネジャーを担当。プロジェクト・マネジメントのスペシャリストとして経験を積む。1979年カリフォルニア州認定技術士のライセンスを取得。82年日米間ビジネス・コンサルティング会社Dyna-Search, Inc.をロサンゼルスに設立。米国優良企業/業界の研究を数多く手がける傍ら、アグレッシブな成長を目指す先進的日本企業をクライアントに、コンサルティング業に精力的に従事。米国優良企業のウェブ時代における事例をベースに、独自の分野を盛り込んだ講演活動も行っている
発行日           2009.11.30. 初版発行        2010.3.25. 第4刷発行 発行所リフレ出版
尾原蓉子『創造する未來』で紹介
「競合との比較を許さない。オンリー・ワンの会社」 「お客様に熱烈に愛される会社」 「社員全員が、ハッピーに、生き生きと働ける会社」 そんな会社を作りたいと願う、経営者、管理者、起業家、その他すべての人たちのためのヒントが、この本の中にあります
第1章競争の本質が変わる 流通におけるサービス革新 ウェブの普及から、顧客パワーの台頭、工業社会からサービス社会へ・・・・・。我々の生きる社会が目まぐるしく豹変していく中で、会社はどう変わっていくのか、リーダーシップはどうあるべきなのか? これらの疑問に対し、ザッポスはひらめきをくれた ザッポスが何よりも熱く追求するのは、幸せを創造する会社であり、社員と顧客のために幸せを創造し、幸せを届けることを目的としている 「幸せのデリバリー」 ⇒ コンタクトセンターにはマニュアルがなく、顧客に触れる個々の社員の判断に任されており、一人の人間として、一人一人の顧客と向き合い、対応した結果は、社員にとっても顧客にとっても「忘れ難い体験」として残る 顧客に幸せを届けることが、会社を長期的繁栄に導く最強の戦略と宣言して憚らない 「感動のサービス」は、エンターテインメント業界やホスピタリティ業界の領域で語ら…

ファッション・ビジネス 創造する未來  尾原蓉子  2017.1.13.

2017.1.13.グローバリゼーションとデジタル革命から読み解くFashion Business 創造する未來  Future is Already Here
著者 尾原蓉子 一般社団法人ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション代表理事・会長。金沢美術工芸大学大学院客員教授。ハリウッド大学院大学特任教授。AOKIホールディングス社外取締役。経産省アパレル・サプライチェーン研究会委員 09年米国FITより「生産功労大賞」、毎日新聞社から「毎日ファッション大賞・鯨岡阿美子賞」、03年ハーバード・ビジネススクール・ビジネスマン/ウーマン・オブ・ザ・イヤーに日産のゴーン社長とともに受賞 日本に初めて「ファッション・ビジネス」という言葉と理念を、訳書『ファッション・ビジネスの世界』により紹介(1968年)。以来、ファッション・ビジネスの草分けとしての50年の体験に基づく将来への洞察、およびファッションのもの作りと流通の変革に関する提言を行っており、日本のファッション産業発展への貢献と人材育成がライフワークとなっている。14年には、ファッション関連産業の女性活躍支援を目的とする一般社団法人ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッションを設立。代表理事・会長として活発な活動を推進
発行日           2016.9.28. 初版第1刷発行 発行所総研新聞社
はじめに 日本に初めて「ファッション・ビジネス」という言葉と概念を紹介した筆者の、半世紀にわたる実践と思索の集大成 「ファッション・ビジネス」という言葉は、ニューヨーク州ファッション工科大学FITの ”Inside the Fashion Business”という教科書に由来 「ファッションは、ファッションであり、かつビジネスなのだ」というのが、フルブライト留学生として筆者がFITで原著者のジャネット・ジャーナウ教授から直接学んだエッセンス ⇒ 1968年に翻訳、旭化成の記念事業として出版したのが『ファッション・ビジネスの世界』 以降、日本のFBは急激な成長を遂げたが、いま大きな壁にぶつかっている ファッションが売れなくなった。革新的ビジネスモデルと脚光を浴びたSPA(日本製造小売業)も20年の間に制度疲労を起こしている アパレルの売り上げは、ピーク時1991年の15.3兆円から13年の10.5兆円に減少 消費者の価値観が変わり、経済大国…