投稿

2017の投稿を表示しています

帝都防衛  土田宏成  2017.11.20.

2017.11.20. 帝都防衛 戦争・災害・テロ
著者 土田宏成 1970年千葉県生まれ。94年東大文卒。00年東大大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。現在、神田外大外国語学部国際コミュニケーション学科教授。同大日本研究所所長。博士(文学)。
発行日           2017.9.1. 第1刷発行 発行所           2017.11.20.吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)
近代東京の安全を脅かしたものは何だったのか。 明治から昭和の敗戦までを分析し、対外戦争、関東大震災、二・二六事件など時代に要請された防衛課題を探る。 帝都がいかに守られてきたかを検討しその社会的影響に迫る
江戸の防衛施設だった「お台場」――プロローグ 台場とは砲台のこと。1853年黒船来航の際オランダの技術を用いて作られた最先端の軍事施設だが、1855年安政の大地震により台場も一部崩壊 現在は第3と第6台場のみ保存 本書のテーマは、”近代日本の帝都東京は、何からどのように守られてきたか” 近代東京を襲った人為と自然の災害とそれらへの対処を検討し、さらにその社会的影響を論じる
日露戦争までの帝都防衛 l帝都防衛態勢の形成 当初東京の軍事施設は政府そのものを防衛するため、政府機関の集中する皇居周辺に配置

言葉の海へ  高田宏  2017.11.5.

2017.11.5. 言葉の海へ
著者 高田宏 1932~2015編集者・作家、随筆家京都市出身で石川県加賀市育ち。石川県立大聖寺高等学校京都大学文学部仏文学科卒業。光文社アジア経済研究所で雑誌編集を経て、1964年から11年間エッソ石油(現・JXTGエネルギー)広報部でPR誌『エナジー』を編集。大学時代の友人の小松左京や、梅棹忠夫などの京大人文研のメンバーに多く執筆を依頼し、PR誌を越えた雑誌として評価された。1975年に退社し、83年より文筆専業に専念となる。代表作に『島焼け』などの歴史小説をはじめ、樹木・森・島・旅・雪などの自然、猫などをテーマに随筆・評論・紀行など著書百冊ある。その他には日本ペンクラブ理事、石川県九谷焼美術館館長、深田久弥