投稿

2017の投稿を表示しています

闘う文豪とナチス・ドイツ  池内紀  2017.12.27.

イメージ
2017.12.27. 闘う文豪とナチス・ドイツ トーマス・マンの亡命日記
著者 池内紀 1940年姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト
発行日           2017.8.25. 発行 発行所中央公論新社(中公新書)
大作『ブッデンブローク家の人々』で若くして名声を獲得し、54歳でノーベル文学賞を受賞したドイツ人作家トーマス・マン。だが、ファシズム台頭で運命は暗転する。体制に批判的なマンをナチスは国外追放に。以降、アメリカを主な拠点に、講演やラジオ放送を通じてヒトラー打倒を訴え続け、その亡命生活は20年近くに及んだ。激動の時代を、マンはどう見つめ、記録したか。残された浩瀚(こうかん)な日記から浮かび上がる闘いの軌跡
はじめに 日記の始まりは1933.3.15. 「(前夜)、意外なほどぐっすり眠れた」で書き出す ヒトラーが政権に就いた直後であり、ミュンヘン大学で講演し、ヒトラーによるリヒャルト・ヴァーグナー偶像化を痛烈に批判した翌日、オランダへの短期講演旅行に出たとこを狙って、ナチ党幹部がマンの帰国差し止めを通告、突然身一つで国外に放り出された 1か月以上のホテル生活が続いたところで日記が始まる とりわけマンを悩ませ、苦しめていたのがミュンヘンに残してきた古い日記で、妻でさえ中身を知らない私的な記録。その後何とか取り戻し、12年後に自身の手で焼却された 1933.3.15.に始まる新しい日記は、古い日記をめぐる一件の上に成立したことは確かで、より強く意識して書かれたはず ⇒ 2度にわたり封印。最初は51年までの日記で、本人によれば文学的価値皆無で、死後20年は開封を禁じている。死後の公刊をはっきり意識しての処置。2度目は55年のマンの死後娘によって追加部分も含め75年以降開封として封印 解禁の時が来て封が切られ、77年『トーマス・マン全集』の出版社によって第1巻刊行、その8年後に最初の日本語訳が出る。日本語版全10巻の完成は39年後で総頁数1万超
I Øクヌート・ハムスンの場合 ノルウェーの作家ハムスンは1920年ノーベル賞授与。若い頃からマンが愛読、大きな影響を受ける ハムスンが33年政権を取ったヒトラーに対し強烈な連帯のメッセージを送ったときは、さして驚かず、気にも留めていなかった ⇒ 国民社会主義やフューラー(指導者)への信頼と服従による指導者原理に基づくナチス的原理は20世紀…