投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

PK もっとも簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?  Ben Lyttleton  2016.5.20.

2016.5.20.PK もっとも簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか? Twelve Yards The Art and Psychology of the Perfect Penalty
著者 Ben Lyttleton ロンドン在住のフットボール・ライター。スポーツイラストレイテッド誌やタイム誌に寄稿するジャーナリスト。ブルームズバーグTVでサッカーについての解説者。サッカーのコンサルティングを業務とするサッカーノミクス社の創業者の1人で取締役を務める
訳者 実川元子 翻訳家/ライター。上智大仏語科卒。兵庫県出身。メキシコ五輪の釜本選手のハットトリックでサッカーの魅力に取りつかれ、現在もJリーグを中心にスタジアム観戦に通う。
発行日           2015.12.25.初版 発行所 カンゼン
PKはサッカーにおいて恐らく最も簡単に奪えるゴールである、ゴールラインからわずか12ヤード(11m)のペナルティスポットから、静止したボールを蹴るだけだ。ところが、考案されてから120年以上が経つPKの歴史には、数々のドラマが生まれ、ミスによって流された涙は川になるほどだ。簡単なはずのPKがなぜとんでもなく難しくなってしまうのか?PKに成功する秘訣とはいったい何だろう? その答えを求めて本書の著者は世界中を駆け巡った。ペトル・チェフがチャンピオンズリーグ決勝のPK戦で、6回続けてキックの方向を読んでダイブできたのはなぜなのか? 遠藤保仁のコロコロPKはなぜ成功するのか? プレッシャーのかかるビッグマッチで主審がPKを与えるのはどういうときか? 本書を一読すれば、サッカー関係者が長年頭を悩ませてきた問題、「どうすればPKに強くなれるか?」の回答がきっと見つかるだろう
プロローグ 失敗の理由を調べ、将来PKで失敗しないための画期的な方法を発見した PKはサッカーを究極に純粋にした形であり、他の要素をすべて削ぎ落とした試合のエッセンスが詰まっている www.facebook.com/twelveyards
第1章イングランド病 The England Disease 96年のウェンブリーでの欧州選手権準々決勝でスペインをPK戦4-2で下して以降、次の準決勝のドイツ戦のPK戦でサドンデスで負けた後、5回の主要大会でのPK戦で悉く負け続けている。5回のうち4回まで異なるGKだったが結果は同じだし、言…