投稿

2016の投稿を表示しています

最後の秘境 東京藝大  二宮敦人  2016.12.26.

2016.12.26.最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常
著者 二宮敦人 1985年東京都生まれ。一橋大経卒。09年に『!』(アルファポリス)でデビュー。ユニークな着眼と発想、周到な取材に支えられた数々の小説を送り出して人気を博す。本書が初めてのノンフィクション
発行日           2016.9.15. 発行                2016.12.5.9刷 発行所新潮社
はじめに 藝大彫刻科に在学する妻の奇妙な言動に興味を惹かれ、この人の通う大学は思った以上に謎と秘密に溢れていると考え、藝大について調べ始めた
1.不思議の国に密入国 上野駅から広場を抜けて歩いていくと、芝生の中に彫刻がたくさん並んでいる。在学生や教授の作品が飾られているのだが、その合間にホームレスが寝転んでいたりする キャンパスは道路を挟んで左が美校、右が音校。行き交う人の見た目が左右で全然違う 美校の中は、いい意味で荒っぽい。材料や制作中の作品から完成品まで、あっさりとその辺に置かれている 開放的な美校に対し、音校は閉鎖的。セキュリティロックに守られている 門下部屋は、楽器の担当教授の門下生の溜まり場 11月の美校内の鞴祭(ふいご) ⇒ 彫刻家や工芸科では金属加工を行うので儀式をする 美校は、何でも自分で調達しようとするのに対し、音校は何かとお金がかかる 何でも作ろうとする人と、洗い物さえしない人が同じ学校に通う。それが藝大
2.才能だけでは入れない 藝大の最難関、絵画科(定員80)は17.9倍。全校平均でも7.5倍と東大を遥かに凌駕 美校の現役合格率は約20%、平均浪人年数が2.5年。美大受験予備校に通うのが一般的 音校の場合は、時間的な制約から浪人は少ない ⇒ 卒業が遅れると活躍時間が限られる センター試験もあるが、あくまで実技重視 ⇒ 建築やデザイン、楽理ではセンター試験の比重大 「光るものを持っている」と審査する教授に思わせることができないと合格点は得られない 個性は重要 絶対的な正解はなく、採点基準はつまるところ「教授の好み」で、合格ラインは平均50~60%程度というから、藝大教授陣の半数以上の心を動かせるか否かが藝大の入試
3.好きと嫌い 藝大の音校で一番教員に向いている科が楽理科 ⇒ 器楽科や声楽科が「音」を使って音楽をしているのに対し、「言葉」を使って音楽を表現するのが楽理科
4.天才たちの頭の中 天才の…