投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

ヨーロッパ石庭づくりの旅  シュミット村木眞寿美  2015.9.19.

2015.9.19. ヨーロッパ石庭づくりの旅―私の庭にはベートーヴェンがいる


著者 シュミット村木眞寿美 1942年東京生まれ。早大文大学院卒後、離日。ストックホルム大、ミュンヘン大在学。ミュンヘンの社会福祉専門大学卒業。娘3人の母。ドイツ国籍取得


発行日
発行所論創社


欧州に誕生した6つの庭の物語
〈世界をどう結ぶか、異なった文化を背負う人々がどう分かり合えるか、これは常に私の問うて来たことだった。その問いに、石が答えてくれるかもしれないと思えるところに、石庭という芸術の未来が見えてくる気がする〉…… 同じ夢を追う多数の庭師とともに、ヨーロッパの地を這うようにして作り上げた、6つの石庭をめぐる異色のドキュメント


日本列島に人が住みついてから、今日に至るまで、貴族の社会でも、武士の時代でも、明治維新から現代まで、石は、日本人の美意識を反映させてきた。我慢強く、歴然として、崇高であり、ユーモアにあふれ、静かなのに饒舌で、ありのままの姿で人前に現れても、様々なものに変身してみせる。なかなかの名優で、時には、神様の振りさえするのだ。土地の石を使い、人の手で「完成」に達した後も、周囲の自然が作り続けてくれる石庭。自然が、世界の創生と共にあったような姿にしてくれることを願って、作った人間は去る。(シュミット村木眞寿美)




前奏曲
「石立僧」のように、「石を探した」旅について語る
ユーラシアの玄関(みたいな)ショプロンに到達するまで、1998年から2009年までに、多くの協力者を得て、中欧の5か国に日本の石庭を作った
独特な日本の文化をどのように外国に紹介し、その土地に生かせるか、難しい問題
日本の文化を通して私は何かを主張したかった――自分を「河原物書き」と呼んでいるが、売れない本を書きながら、その本を通して言いたいことを紙や机から離れた別の形で、もっと自然に近いところで、時代の意志として残したいという願いがあった
そこに現れたのが石立僧。彼らによって残されたのが、中世から現代にいたるまで日本の自然と風土を糧に歴然とその美学を磨いてきた石の庭
5番目の庭がハンガリーのショプロンに誕生したことは特に感慨が深い。なぜなら、ハンガリーの盆地に到達して国を作った人たちの出発したのは、ウラル・アルタイ山脈の麓であり、私たちも、多くは、おそらくその麓から、もっともっと遠く、遥か絹街道の長旅の行き着く先まで行った…

ニュルンベルク裁判  芝健介  2015.8.18.

2015.8.18. ニュルンベルク裁判


著者 芝健介 1947年生まれ。東大大学院社会学研究科博士課程(国際関係論)修了。東京女子大現代教養学部教授。ヨーロッパ近現代史(ドイツ現代史)


発行日2015.3.26. 第1刷発行
発行所岩波書店


「筋書き通りの勝者の裁き」「ナチスの犯罪を暴いた画期的裁判」――毀誉褒貶相半ばし、いまだ評価の定まらないニュルンベルク裁判。米英仏ソ4か国がナチス主要戦犯を裁いたニュルンベルク国際軍事裁判とその後の米軍主宰の12の「継続裁判」とをあわせ、その実態を描き出すとともに、先行する第1次大戦後のライプツィヒ戦犯裁判から戦後ドイツにおける受容のあり方までを辿り、未曽有の戦犯裁判の全体像に迫る


はじめに
いま何故、戦争犯罪、戦犯裁判史を問題にするのか――戦犯裁判と犠牲者
20世紀の戦争と戦争犯罪にかかわった戦争犯罪裁判に対する歴史認識、実態理解が果たして十分見直されて、現在の戦犯裁判と裁判への理解に生かされているかという問題が1つの大きな焦点となる
「勝者の裁きにすぎない」という批判の基底には、勝敗のいかんを問わず裁かれるべきものが裁かれていないという厖大な犠牲者の怨嗟が依然渦巻いている
従来の戦犯裁判研究の動向と問題点――本書の狙いとアプローチの特徴
不十分に終始してきた実態研究の反省に立って、ニュルンベルク裁判の全体構造と展開を、歴史的脈絡に据え直して具体的に捉え返すことにより、新鮮な輪郭の裁判像を提示することを目的とする