投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

ウルフ・ウォーズ  Hank Fischer  2015.5.29.

2015.5.29. ウルフ・ウォーズ  オオカミはこうしてイエローストーンに復活した Wolf Wars               1995
著者 Hank Fischer モンタナ大で野生生物学、ジャーナリズムを研究、環境学を修める(環境科学の修士号取得)。その後77年から自然保護団体「ディフェンダーズ・オブ・ワイルドライフ」に所属、クロアシイタチやグリズリーなど絶滅危惧種の保護に携わる。78年から同団体のイエローストーンを含む北部ロッキーの地方代表となり、オオカミ復活事業に関わる。86年「オオカミと人間」展の巡回開催での教育への貢献が認められ自然資源協議会のアメリカ賞受賞。87年ディフェンダーズ内に創設した「オオカミ補償基金」は、オオカミ再導入への決定的な流れを作る。02年からは全米野生生物連合の特別チームを率いて、畜産・林業従事者と共同しての野生生物保護の運動を進め、その活動により全米環境賞協議会の特別功労賞、森林局から地域賞を受けるなど数々の賞を受賞
訳者  朝倉裕 1959年東京生まれ。早大商卒。有機農産物流通の仕事の傍ら、95年から日本オオカミ協会に参加。シカ等の被害地調査や内モンゴル地域のオオカミ調査などに加わる。現在、オオカミと森・人間社会との関係を研究中 南部成美 宮城県出身。東北大文卒。社会学科で心理学を専攻、仕事の傍ら、自然保護に関心を持ち続け、2000年に上京、東京農工大大学院農学研究科修了、農学修士。日本オオカミ協会会員
発行日           2015.4.10. 印刷               4.25. 発行 発行所白水社
序文             L. デイヴィッド・ミッチ(オオカミ研究の第一人者) 1968年 私が『オオカミ――絶滅危惧種の生態と行動』を発刊した頃、アメリカ全土でハイイロオオカミが絶滅危惧種に指定 昔の生息範囲は、北半球の北緯20度以上の大陸全体に及んでいたが、市民の憎悪と政府の根絶政策により急速に姿を消す 自然保護のムーブメントに乗って、20世紀の野生動物保護の流れができる ハンクの独創的アイディア、即ち民間の基金によって家畜生産者のオオカミ被害に補償金を支払うことにしたことで、市民はこの基金に寄付することによって、オオカミ復活に積極的に参加することが出来た 基金の創設と同時に、自分の土地でオオカミが子供を産んだ人には50…

帳簿の世界史  Jacob Soll  2015.5.22.

イメージ
2015.5.22. 帳簿の世界史 The Reckoning Financial Accountability and the Rise and Fall of Nations         2014
著者 Jacob Soll1968年ウィスコンシン州マディソン生まれ。南カリフォルニア大学教授。歴史学と会計学を専門とし、これまでの政治歴史学者たちが見落としてきた重要な要素に注目して、近代政治や近代国家の起源を探る研究を行う。 ルイ14世の財務総監であるコルベールが近代国家を建設するためにどのような改革を行ったかをまとめた『The Information Master』を執筆した際、ルイ14世が年2回、自分の収入・支出・資産が記入された帳簿を受け取っていながらも、やがてその習慣を打ち切り、フランスを破綻させてしまったという事実を知り、「帳簿の世界史」の研究を始める その他の著作に、マキャベリの『君主論』が編集者や出版社によってどのように改変されてきたかを研究した『Publishing the Prince』がある
訳者 村上章子 翻訳家。上智大文卒
発行日           2015.4.10. 第1刷発行 発行所文藝春秋
未来の資産価値を現在に置き換える帳簿が生まれたとき、世界が変わった アダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバー……。 彼等が口を揃えて主張していた「帳簿」の力とは、一体何なのか。 これまでの歴史家が見逃して来た「帳簿の世界史」を、会計と歴史のプロフェッショナルが、初めて紐解く なぜスペイン帝国は栄え、没落したのか。なぜフランス革命は起きたのか。なぜアメリカ独立は成功したのか。なぜ日本は急速に列強に追いつくことが出来たのか その歴史の裏にはすべて、帳簿を駆使する会計士たちがいた
序章 ルイ16世はなぜ断頭台へ送られたのか 会計責任Accountability ⇒ 他人の財貨の管理・運用を委託されたものがその結果を報告・説明し、委託者の承認を得る責任 1661年 ルイ14世の財務総監コルベールが年2回、国の財政状況を報告したのが嚆矢だが、83年コルベールの死と共に終わる 良い会計は、悪いことが起きた時に真実を伝えてくれるが、都合が悪くなれば堪えられなくなったのだろう。死の床で国を破綻させたと告白 2008年のリーマン破綻も同じ構図で、規制当局が金融システム全体を脅かす…

両大戦間の日仏文化交流  松崎碩子他編  2015.5.15.

2015.5.15. 両大戦間の日仏文化交流 Revue Franco-Nipponne 別巻
編者 松崎碩子 東京都生まれ。ソルボンヌ大学博士課程前期修了。コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所前所長。『フランス士官が見た近代日本のあけぼの』(2005)、『満鉄と日仏文化交流誌『フランス・ジャポン』』(2012)、復刻版『Revue Franco-Nipponne』(2014) 和田桂子 1954年兵庫県生まれ。神戸大大学院文化学研究科博士課程単位取得退学。清泉女子大英語英文学科教授。比較文学。 和田博文 1954年横浜市生まれ。神戸大大学院文化学研究科博士課程中退。東洋大日本文学文化学科教授。文化学・日本近代文学。『シベリア鉄道紀行史』(2013、第39回交通図書賞歴史部門受賞)
発行日           2015.3.16. 印刷     3.25. 第1版第1刷発行 発行所ゆまに書房
編者3人による座談会 「両大戦間の日仏文化交流」             2014.9.19.パリにて 両大戦間とは 始期      1918年第1次世界大戦終結時 終期      1939年第2次世界大戦開戦時 1.19世紀後半の日本研究――レオン・ド・ロニを中心に クロード=ウジェーヌ・メートル ⇒ 世界旅行の途上日本に立ち寄り、19世紀末から20世紀に移る頃に日本研究を始めた人。「大和の美術」を発表。1908年フランス極東学院院長となり、極東から日本研究情報を発信 1947年 松尾邦之助がロニを日本文化の最初の紹介者と位置付けているが、ロニは独学で日本語を勉強したため、きちんとしたメソッドもなく、本当の意味で日本語が出来たのかどうか疑問
2.1920年代の日本社会――『巴里週報』『ルヴュ・フランコ・ニッポンヌ』成立の基盤 1914年以前のパリ在住日本人数は2桁 ⇒ 1922年以降急増、25年には戦前では最大の836人へ。それを背景として1925年日本語新聞『巴里週報』が発刊される ソルボンヌで漸く日本側(三井高棟)が資金を出した日本文学講座開講 ⇒ 講師は、ボアソナードの後任として明治政府のお雇い法学者となったミシェル・ルヴォン。法政大学の前身・和仏法律学校で教えたこともあり、パリ大学で葛飾北斎や華道の研究で博士号取得 『巴里週報』の発行者は石黒敬七 ⇒ 1925~33年
3.