投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

旅と草庵の歌人 西行の世界  久保田淳  2015.3.29.

イメージ
2015.3.29. 旅と草庵の歌人 西行の世界
著者 久保田淳 1933年東京生まれ。日比谷高、東大文卒、同大学院、助手、白百合女子大助教授を経て、現在東大教授。文学博士。専攻は中世文学・和歌文学。『新古今歌人の研究』『新古今和歌集全評釈』『西行全集』など著書あり
発行日           1988.11.20. 第1刷発行 発行所日本放送出版協会
この作品は、NHK市民大学テキスト『西行の世界』(1984.7~9.)を基に書き改めたもの
西行は中世の直前に世を去った王朝歌人。彼は、王朝和歌の心と言葉を吸収しつつ、自らのものとしていった。しかし、保元・平治の乱、源平の動乱を目の当たりにし、深く仏道に思いをひそめた彼の裡をくぐり抜けると、王朝の心と言葉はもはやそのままではありえなかった。ここに中世歌人としての西行が現れることになる 草庵にあって旅を想い、花と月を詠む歌人。その歌と旅の時代を後づけ、新西行像を描く
l旅・花・月の歌人 西行 西行は、芭蕉や良寛とともに、日本の古い詩人の中でも特に人気がある存在。その人気は、作品とともに、その潔い行動、生き方への共感や讃嘆の念に基づくものだろう 芭蕉ほど、作品そのものを冷静に、深く細かいところまで、読み込んではいない 西行は、潔い行動の代償として約2000首の歌を得た。彼が歌いたかったものは、訴えたかったものは何であったのか、その機微に迫るためには、我々も執拗でかつ貪欲でなければならないだろう
第1章鴫立つ沢の秋の夕暮――行脚と草庵 心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮(新古今和歌集) 前が寂蓮法師の、さびしさはその色としもなかりけり 真木立つ山の秋の夕暮 後ろが定家の、見わたせば花ももみじもなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮 「3夕の歌」と呼ばれ、名歌の誉れ高いもの 古畑のそばに立つ木にゐる鳩の友呼ぶ声のすごき夕暮れ(新古今集) のほうが西行の秀歌だとする見方もあるが、本人は前者を自負していたことは確かであり、定家は西行に詠むことを勧められた『二見浦百首』という作品群の中で、西行のこの歌を念頭に詠んでおり、西行の晩年に交渉のあった寂蓮も以上の2人の「秋の夕暮」の歌を熟知したうえで、自らも最も心を打たれた秋の夕暮の風景を描いてみせたものであり、西行の歌が他の2種に影響を及ぼしていることも疑いない 西行の「心なき」の歌は、それぞれ中世の美意識の…