投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

孤高の守護神 ゴールキーパー進化論  Jonathan Wilson  2014.6.26.

2014.6.26.孤高の守護神 ゴールキーパー進化論 The OutsiderA History of the Goalkeeper
著者 Jonathan Wilson1976年生まれ。高校時代からホッケーのキーパーをやっていて感動した体験を持つ。英『ガーディアン』『インディペンデント』などに寄稿する、スポーツ・ジャーナリスト。
訳者 実川元子 上智大外国語学部仏語科卒。翻訳家、ライター。
発行日           2014.5.20. 印刷               6.10. 発行 発行所白水社
プロローグ ゴールを守るやり方がその国の地域の文化を体現している ゴールキーパーとゴールキーパー像が、時代を経るうちにどう変化してきたか、また国ごとにどう違うかについて書いた本。ゴールキーパーという個人とチームという集団との関係、またスポーツがそれぞれの時代の政治文化をどのように反映しているか、がテーマ
第1章豊穣を阻むもの――サッカー草創期のゴールキーパー ゴールキーパーの存在は、比較的近代の現象 19世紀、私立学校がそれぞれ独自のルールで行っていた「フットボール」を、学校同士が対戦できるように統一ルールを定める試みが盛んに行われたが、そのどこにもゴールキーパーについて言及された箇所はない 1863年 英国にフットボール・アソシエーション(FA)設立 当時の一般的な布陣は9人のフォワードと2人のバックスで、ドリブルしてゴールすることがすべて。初期のルールでは「フェアキャッチ」と見做されればどの選手でもボールを手で扱えるが、ボールを持って走ったり、投げてゴールすることは許されなかった ヴィクトリア朝時代の学校のディフェンダーは、身体的に劣って、やる気もない学生がやるものだとされ、小柄でへたくそ、臆病者がやらされ、ファインプレーをするとフィールドプレイヤーに戻してもらえたが、少なくとも英国ではいまだにある、ゴールを守ることを恥とする風潮の始まりが伺える ゴールキーパーについて書かれた最古の記録は、1865年のアッピンガム校での試合で、ゴール前に1人置いた選手を中心にゴールを守り、その選手が英雄視されている 1871年 ゴールキーパーが規定に組み込まれる ⇒ ボールを手で扱えるのをペナルティエリア内に限定したのは1912年 人類学者の多くが、サッカーは大半のスポーツと同様、ある種の宗教的儀式から始…

半自叙伝  古井由吉  2014.6.22.

2014.6.22. 半自叙伝
著者 古井由吉 Wikipedia参照
発行日           2014.3.20. 初版印刷                   2014.3.30. 初版発行 発行所河出書房新社
初出 I 半自叙伝           2012年3月~10月 『古井由吉自撰作品1~8』月報 II 創作ノート       1982年9月~83年3月 『古井由吉作品1~7』 もう半分だけ書き下ろし

『08-02杳子(ようこ)・妻隠(つまごみ)』参照
I 半自叙伝 Ø戦災下の幼年 大正の東京流入者の2世、昭和の沿線郊外っ子のハシリ ⇒ 新興開発地で、出来たときにはさぞや年寄りたちの微苦笑ならぬ微顰蹙を買ったことだろうが、空襲で焼き払われ、ひとまずご破算になった 3月9日夜半からの下町を襲った空襲は、西南遙か隔たった私の地域では無事だったが、下町の惨状が伝わるにつれ、空襲というものに対する観念、考えが一変 5月24日未明、東京の西南部を山の手から郊外まで焼き払った空襲に、私の家も焼かれた 大垣の父の実家に疎開したが、7月にはそこにも空襲が来て町全体を焼き払い、私たちは美濃の母親の実家に移動
Ø闇市を走る子供たち 昭和20年10月、父親が迎えに来て美濃から東京に帰る 八王子に向かう東京駅中央線ホームで、アメリカ兵がかじっていたリンゴをくれたが、捨てろと父親に言われてぽとりと下に落とした。あれが私の戦後の始まり 昭和25