投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

国家と音楽家  中川右介  2013.11.25.

2013.11.25. 国家と音楽家
著者 中川右介(ユウスケ)1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。「クラシックジャーナル」編集長。膨大な資料から埋もれた史実を発掘し、新たな歴史を構築する執筆スタイルで人気を博す
発行日           2013.10.26. 初版第1刷発行 発行所七つ森書館
『週刊金曜日』2011.4.29.~2013.4.5.に隔週掲載。単行本化に当たって参照した自著は『カラヤンとフルトヴェングラー』『世界の10代オーケストラ』『20世紀の10大ピアニスト』(12-02)『第九』『未完成』
ヒトラーに翻弄されたフルトヴェングラーとカラヤン、ムッソリーニに抵抗したトスカニーニ、スターリンに死の寸前まで追い詰められたショスタコーヴィチ―20世紀という戦争と革命の時代、音楽家はいかに国家と対峙したのか。
はじめに  音楽史に刻まれている大音楽家たちが、20世紀という革命と戦争の時代に国家とどう対峙したかを描く、歴史読み物
第1章独裁者に愛された音楽 史上最も芸術に理解があり、芸術を保護し支援した政治家は、恐らくヒトラーで、彼の政権ほどクラシック音楽とオペラを優遇した政権はない。それゆえに音楽家たちは、戦後ナチ協力者として批判されたが、音楽家たちに罪はあったのか Øヒトラー政権 ⇒ 1933.1.ヒトラー首相就任 ベルリンの州立劇場でワーグナーの《ニュルンベルクのマイスタージンガー》がヒトラーの前で上演され、フルトヴェングラーが指揮 新たに「国民啓蒙・宣伝省」が設置され、ゲッペルスが大臣に就任 宣伝省の下に全国文化院が置かれ、リヒャルト・シュトラウスが総裁、フルトヴェングラーが副総裁に就任
Øドイツを去った音楽家たち フリッツ・ブッシュ(1890~1951) ⇒ ドレスデンのザクセン州立歌劇場音楽監督だったが、オペラの上演が中止され、弟の世界的ヴァイオリニスト、アドルフの妻がユダヤ人だったこともあって、ドイツを離れ、その後任にはナチス政権を礼讃していたカール・ベーム(1894~1981)が就任、ゲッペルスの良き相談相手となる ブルーノ・ワルター(1876~1962) ⇒ ライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団を指揮する予定が政府から中止命令。ドイツ音楽を中心に当代随一の指揮者だったがユダヤ系であり、オーストリアに移住、さらにフランス市民権を得て亡命、アメリカに渡る …