投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

ベートーヴェン 不滅の音楽を聴く   宇野功芳  2013.7.30.

イメージ
2013.7.30. ベートーヴェン 不滅の音楽を聴く
著者 宇野功芳(こうほう、本名功)1930年東京生まれ。国立音大声楽科卒。53年より評論家活動開始。現在『レコード芸術』誌の月評を担当。歯切れのいい文章で核心をついた批評は注目度が高く、影響力も強い。指揮者としても活躍、数多くのCDを残す
発行日           2013.7.1. 初盤第1刷発行 発行所ブックマン社
新聞の三八広告より l印が、著者の推薦盤
交響曲 第2番 ニ長調作品36 1802年、31歳の作 ベートーヴェンの9つの交響曲の中から1曲落とせと言われたら、99.9%の人が第1番を選ぶ。ハイドンの形を超えず、先輩には敵わない 僅か2年後にもかかわらず、2番は素晴らしい lワルター指揮 コロンビア交響楽団 1959.1.盤が必聴 ⇒ 《田園》ともども絶賛 lノリントン指揮 ザ・ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ 1986年盤も必聴 ⇒ 古楽器による。8番と共に古楽器にぴったり lシェルヘン指揮 ルガノ放送管弦楽団 1965年盤がそれに次ぐ ⇒ ライヴ
第3番 変ホ長調作品55     《英雄》 1803~04年、32~33歳の作 第9と並びベートーヴェンの交響曲の最高傑作と言われる 朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団 1977.10.6.盤 ⇒ リマスター盤。ドイツの指揮者のようにバランスを取らず、フォルテと書いてあればすべての楽器をフォルテで鳴らすのでベートーヴェン向き。最後のテヌートとスタッカートの使い分けは、シューリヒト共にベスト