投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

横浜の時を旅する ホテル ニューグランドの魔法  山崎洋子  2013.6.29.

2013.6.29. 横浜の時を旅する ホテルニューグランドの魔法
著者 山崎洋子 1986年『花園の迷宮』で第32回江戸川乱歩賞受賞、小説家としてデビュー。横浜を舞台とした著作が多い。舞台の脚本・演出も手掛ける。2010年地域放送文化賞(NHK主催)受賞
発行日           2011.12.15. 初版発行 発行所春風社
2013.6.9.ホテルニューグランドに行った時に見かけた本
²時の扉を開けて 生島治郎のエッセイ『横浜感傷旅行』に登場 ⇒ 港を見下ろす食堂でフランス料理を食べているのは、まさに夢の思いだったが、それはまた日本人全体が味わっている夢でもあった
²開港横濱の大パノラマ タワー最上階からの大パノラマは圧巻、開港横浜の歴史を物語る一大歴史絵巻 元々は洲干島と呼ばれる砂州で、元町の堀川から桜木町のランドマーク辺りまで広がる 後背地は沼地で、その奥は江戸初期にできた埋立地(伊勢佐木町あたり)で吉田新田と呼ばれた ペリー来航を機に、艦隊の饗応施設建設 1854年開港 ⇒ 条約上は神奈川だったが人の往来が激しく、代わって横浜が浮上 59年最初の波止場築港(大桟橋の辺り)、山手の丘との間の運河を整備 関内を外国人居留区と日本人町に二分 66年の大火を機に、本格的な西洋式街造りを取り入れ、耐火建築が立ち並ぶ
²日本の職人技・横浜家具 ニューグランド本館の設計は渡辺仁。銀座の和光や東京国立博物館の設計者。当時38歳 ロビーの華は家具 ⇒ 開業当時の特注品で「横浜家具」と呼ばれる、日本初の洋家具。各国の様式に日本の技術とオリジナリティを加えたもの クラフトマンシップ・ストリート ⇒ 職人が住みこんだ 安楽椅子に帯地を張った ⇒ 「オビ・チェア」として人気
²関東大震災復興のシンボル 1923年の関東大震災で灰燼に。横浜が最大の被害地 復興委員会(会長・原富太郎・三渓)立ち上げ ⇒ 生糸貿易を復活させるとともに、各方面から支援を取り付け、東京より早く復興を成し遂げる。山下公園も瓦礫を埋めて建造 震災前のグランドホテルは外国人経営の外国人向けホテル、ニューグランドとは無関係 復興のシンボルとしてホテル建設が決まり、官民共同で立ち上げたのがニューグランド
²横浜の洋食店に根付くサリー・ワイルの心 1927年開業時にスイス人シェフ、サリー・ワイルを迎える ⇒ 厳格なマナーと仕来りでコース料理しかなかったフランス料理に…

新・手紙読本  村尾清一  2013.6.28.

2013.6.28. 新・手紙読本
著者 村尾清一(むらお きよかず、1922年- )は、日本ジャーナリスト文筆家香川県生まれ。東京大学法学部政治学科卒業。読売新聞社社会部記者、論説委員(69年から18年間『よみうり寸評』担当)、取締役を経て、日本エッセイスト・クラブ理事長、会長。1981年日本記者クラブ賞受賞。「死の灰」の造語者。著書に『鉛筆の芯-よみうり寸評17年』など
発行日           1987.6.15. 第1刷発行 発行所講談社