京狩野三代 生き残りの物語  五十嵐公一  2013.3.29.


2013.3.29. 京狩野三代 生き残りの物語 山楽・山雪・永納と九条幸家

著者 五十嵐公一 1964年愛知県生まれ。07年東大大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻博士課程修了。博士(文学)。兵庫県立歴史博物館学芸員

発行日           2012.12.10. 第1刷発行
発行所           吉川弘文館

大坂夏の陣の後、大坂から京都に移住し、以降、京都を拠点に作両活動をした京狩野家。
秀吉から家康へと政権が移る激動の時代、京狩野家は山楽・山雪・永納を中心に、京都画壇内に確固たる地位を占めていく。庇護者九条幸家の人物像や3人との親密な関係を明らかにし、京狩野家の個性豊かな作品と生き残り戦略の実態を浮き彫りにする注目の1

エピローグ――「注文主」と「絵師」の関係を越えて
信長・秀吉に仕え、安土桃山時代の巨大城郭の障壁画制作を一手に引き受けた狩野永徳の画風を最もよく受け継いだ弟子が狩野山楽(15591635)。その娘婿が山雪(15901651)、山雪の長男が永納(163197)
京狩野家 ⇒ 明治維新の時の当主永祥が画業から離れる
九条家との関係は、1604年山楽が九条幸家(15861665)のために障壁画を描いたことから始まり、以降50年に渡って九条家の「出入之者」として認められる
単なる「注文主」と「絵師」の関係を遥かに超えた親密さがあり、そこから派生する問題が興味深い。幸家は、京狩野家3代の「生き残り」に大きく関わった

第1部        九条幸家という「注文主」
1.    九条幸家の誕生まで――幸家に連なる人々
祖父の姉が九条経子、その孫を祖父が養子にしたのが幸家の父・兼孝で、1578年関白に
2.    九条幸家――摂関家当主、その生涯
関ヶ原後兼孝は関白に復帰 ⇒ 秀吉の関白政治と訣別するために家康が打った布石
1604年 幸家結婚 ⇒ 相手は秀吉の甥・秀勝(秀次の弟、朝鮮出兵の途上病死)と江との間の子・完子。江が秀忠に嫁いだため姉・淀君の猶子として育てられた
1607年右大臣、0812年関白、1923年関白再任、29年家督移譲

第2部        「絵師」京狩野家の3
1.    狩野山楽――九条幸家との接点
山楽は近江の生まれ、浅井氏に仕えた後、秀吉の近侍として仕え、秀吉の勧めで狩野永徳について学び、永徳と親子の義を約し、狩野姓を名乗って修理亮と称する
秀吉が多くの普請を行い、その障壁画の多くを狩野一門に描かせた
1590年 永徳死去
1604年 幸家と完子の結婚に際し、淀殿が完子のために建てた九条家新御殿の障壁画制作に山楽が抜擢
1615年 豊臣家滅亡、山楽は家康による苛烈な残党狩りの対象となったが、九条幸家から秀忠に助命嘆願がなされ命を救われる ⇒ 九条新御殿の実績が物を言った
以後、九条家との仕事が増え、さらに幸家の娘が両本願寺に嫁いでいることもあって本願寺に作品が多く残る
秀忠のためにもいくつか仕事をしている

2.    狩野山雪――山楽から継承したもの
16歳で山楽に入門、山楽の長女を娶り、狩野姓も授けられ、家業も継ぐ
1650年前後に、清水寺絵馬の事件と橘氏之一例(詳細不詳)により山雪が関東に呼び出され投獄、九条家のご恩により助命

3.    狩野永納――京狩野家の生き残り戦略
山雪の死で家督を継いだのが21歳の永納
若くして父であり師匠でもある山雪を失った永納に対し、幸家が九条家への出入りを許し、支援の手を差し伸べる



2013.3.30.5.12. 
京都国立博物館にて特別展覧会「狩野山楽・山雪」開催


Wikipedia
京狩野(きょうがのう)は、安土桃山時代末から明治期まで京都で活躍した画家の流派。豊臣氏滅亡後、狩野派のほとんどが江戸に下ったことに対して、京都に留まったため、京狩野と呼ばれるようになった。初代狩野山楽2狩野山雪を輩出。また3狩野永納は日本初の画伝書『本朝画史』を著した。
概説 [編集]
豊臣秀吉没後、狩野家の大部分は徳川に仕え、徳川幕府を頼って江戸に下った。狩野宗家を含めてこの一派を江戸狩野という。しかし、秀吉の寵愛を受けた狩野山楽は、そのまま秀頼に仕えた。このため豊臣氏滅亡後、幕府から嫌疑を掛けられてしまうが、松花堂昭乗九条幸家のとりなしによって恩赦を受け、そののちは九条家や本願寺の御用絵師として京都を中心に活躍する。
2代山雪以降、装飾的な桃山の画風を代々受け継ぎ公卿衆や寺社に仕えるも、幕府の手厚い庇護を受けた江戸狩野と比べるとその勢いに大きな隔たりがあった。また宮廷の御用を得ていたものの、土佐家鶴沢家に続く家柄でその境遇には大きな格差があった。
3代永納は山雪の遺稿を元に日本初の画伝書『本朝画史』を著したが、これは室町時代以来の狩野家の正系を主張する目的もあったようだ。
4代永敬は、近江日野の高田敬輔を指導。この高田敬輔の門下から、曽我蕭白月岡雪鼎島崎雲圃という近年評価の高い画家が輩出した。
流派はしだいに低迷したが幕末9狩野永岳の代に一時的に復興する。しかしそれも長く続かず明治を迎えると急激に衰退した。
当主一覧 [編集]
本家
生没年
号・称号・字
作品
家督相続
備考
初代
1559 - 1635
光頼
伯山
養源院障壁画(京都・養源院重要文化財など
実父木村永光、狩野永徳の養子
2
1589 - 1651
蛇足軒・桃源子・縫殿助(以降当主の通称となる)
天球院襖絵(京都・妙心寺天球院1631年 重要文化財など
山楽の女婿
3
1634 - 1700
吉信
山静・梅岳・素絢軒・一陽・西邑居翁山人、字:伯受・一陽斎
海住山寺縁起絵巻」1664年、「養老滝図」1667年、蘭亭曲水図屏風(静岡県立美術館)、遊鶴図屏風(出光美術館)、四季花鳥図屏風(ボストン美術館)、詩仙堂三十六詩仙ニューヨーク公共図書館)など
山雪の実子(別に山楽の孫光吉の子とするが説ある)
狩野探幽海北友雪土佐光起らと内裏障壁画を制作。日本初の画人伝『本朝画史』を著す。鑑定家。
4
1662 - 1702
仲簡子・幽賞軒、通称・求馬
関地蔵院本堂の天井画、岩倉実相院玄関の障壁画、「十二ヶ月花鳥図屏風」(東京国立博物館)、「秋草図屏風」(静岡県立美術館)、朝鮮人行列図巻(ニューヨーク公共図書館)、朝鮮通信使屏風(ハーバード大学サックラー美術館)
永納の長男
門人に高田敬輔
5
狩野永伯
1687 - 1764
山亮
「松竹梅に鶴図屏風」(大分市美術館)、「四季富士図」(六波羅蜜寺)、「大雲寺境内図絵馬」(大雲寺
永敬の実子
江戸狩野に入門した?
6
狩野永良
1741 - 1771
山晟
西王母東方朔図屏風 」「親子犬図」(静岡県立美術館)、「白梅群鶏図」(京都国立博物館
永伯の養子
九条家に仕える。宮廷にも仕え、扇絵を献上した。31歳で夭折。
7
狩野永常
1731 - 1787
山隆
神辺宿菅波家二の間「千羽鶴図」、御成の間 袋戸棚の襖絵「墨彩四季山水図」、佛光寺本廟障壁画
狩野永隆の二男で永良の養子となる。
8
狩野永俊
1769 - 1816
山朴
「郡鳥図天袋貼付」(大報恩寺)、「楼閣山水図屏風」(京都聖護院)、「三尚山水図」(いすみ市郷土資料館) 
永常の養子
寛政度の御所造営に参加。常御殿上段之間を担当。
9
1790 - 1867
 
山梁・晩翠・脱庵、字:公嶺
妙心寺隣華院客殿障壁画、「富士山登龍図」(静岡県立美術館)、「四季耕作図屏風」など
永俊の養子
10
狩野永祥
1810 - 1886
山庵
離合山水図押絵貼屏風 (静岡県立美術館)
永岳の養子
11
狩野永譲
1865 - 1914
儀三郎
永祥の養子
12
狩野永証
1909 - 1983
儀三郎
永譲の実子

別家
生没年
号・称号・字
作品
家督相続
備考
初代
狩野永梢
花鳥山水襖絵(徳融寺)、藤の図屏風(伊賀上野城
狩野永納の二男
2
狩野永雪
 



コメント

このブログの人気の投稿

大戦秘史 リーツェンの桜 肥沼信次  舘澤貢次  2012.10.13.

昭(あき)―田中角栄と生きた女  佐藤あつ子  2012.7.14.

ヴェルサイユの女たち 愛と欲望の歴史  Alain Baraton  2013.9.26.