投稿

2013の投稿を表示しています

第二次世界大戦 影の主役  Paul Kennedy  2013.12.27.

イメージ
2013.12.27.第二次世界大戦 影の主役  勝利を実現した革新者たち Engineers of Victory: The Problem Solvers who Turned the Tide in the Second World War                   2013
著者 Paul Kennedy1945年イングランド北部ノーサンバーランド州ウォルセンド生まれ。国際政治経済及び戦略史に関する著作や論評で世界的に著名。ニューカッスル大卒後オックスフォード大で博士号取得。83年イェール大歴史学部J. リチャードソン・ディルワース歴史学講座教授、同大国際安全保障研究所長。代表作『大国の興亡』は20か国語以上で翻訳出版
訳者 伏見威蕃(いわん) 翻訳家。1951年うまれ。早大商卒。ノンフィクションからミステリー小説、軍事未来小説まで広い分野で活躍中
発行日           2013.8.23.1版1刷 発行所日本経済新聞社
第2次大戦を斬新な視点で描く! 連合国勝利の根幹には、これまで語られなかった人々の存在があった――。当代最高の歴史家の1人ポール・ケネディが、軍、民間、研究機関といった組織内部で「大戦略」を実行してきた現場に焦点を合わせ、その活躍と技術革新、戦略思想の変遷を描いた全く新しい大戦史! 「大戦略Grand Strategy」講座 ⇒ 毎年イェールでケネディが1年に亘って講義、孫子、マキャヴェり、クラウゼヴィッツなどの古典を歴史上の大戦略の豊富な実例とともに吟味し、現代世界の問題分析を加味した結論を出す チャーチル、ルーズベルト、合同幕僚会議の面々が参集したカサブランカ会談において、敵国に無条件降伏を呑ませるという連合国の「大戦略」が決定された。この大戦略を達成するためには、ナチスドイツの電撃作戦へ対抗し、大西洋海上交通路を支配し、ヨーロッパ西部から中部にかけての制空権を確保し、日本の帝国主義を打破しなければならなかった。歴史を振り返れば、カサブランカ会談が自動的に枢軸国の無条件降伏に繋がっているかのように見える。事実、1年足らずの間に作戦目標はほぼ達成されたからだ。 しかし、実際の戦況は悪化の一途を辿っていた、連合国はUボートの脅威によって大西洋の制海権を失いかねない状態だった。ドイツへの戦略爆撃は奏功せず、英米の航空部隊は手痛い打撃を被っていた…

ニュルンベルク裁判の通訳  Francesca Gaiba  2013.12.25.

イメージ
2013.12.25.ニュルンベルク裁判の通訳 The Originsof Simultaneous InterpretationThe Nuremberg Trial    1998
著者 Francesca Gaiba イタリア・ボローニャ大学で英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語の会議通訳を専攻し、96年卒。ニュルンベルク裁判の通訳に関する研究で97年、A.スキアーヴィ財団賞受賞。米国・シラキュース大で国際関係論の修士号、文化人類学の博士号を取得。現在は米国・イリノイ大シカゴ校の人種・公共政策研究所長として主にジェンダー・セクシュアリティ研究などに取り組む
訳者 武田珂代子 熊本生まれ。専門は通訳学、翻訳学。米国・モントレー国際大学(MIIS)翻訳通訳大学院日本語科主任を経て、2011年より立教大異文化コミュニケーション学部・研究科教授。MIISで翻訳・通訳修士号、スペインのロビラ・イ・ビルジリ大学で翻訳通訳・異文化間研究博士号取得
発行日           2013.10.15. 印刷             10.25. 発行 発行所みすず書房

原書は、著者がイタリアボローニャ大学(会議通訳専攻)で執筆した卒論を下書きにしたもの、98年オタワ大学出版局から刊行
「もちろん弁護人は必要だ。だがもっと重要なのは良い通訳者をつけることだ」(