投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

ホロコーストの音楽  ゲットーと収容所の生  Shirli Gilbert  2012.11.27.

イメージ
2012.11.27. ホロコーストの音楽  ゲットーと収容所の生 Music in the Holocaust, Confronting Life in the Nazi Ghettos and Camps2005

著者 Shirli Gilbert 南アのヴィットヴァータースランド大学卒、英国オックスフォード大学で現代史を専攻、博士号取得。音楽学の修士号も持つ。現在ユダヤ史やユダヤ文化研究で夙に知られる英国サウサンプトン大学バークス研究所の上級専任講師(教授格)。ユダヤ・非ユダヤ関係論、ホロコーストと音楽の接点に関する研究やナチズムが南アのアパルトヘイトに及ぼした影響などについて調査研究を行っている。本書は米国州立ミシガン大の助教(2004~07)の時に上梓した研究書であり、ホロコーストとその犠牲者を記念するために設立されたイスラエルの公的機関ヤド・ヴァシェム記念館によって、ホロコーストに関する基本参考文献に挙げられている 祖父母はユダヤ系ポーランド人で、ワルシャワ・ゲットーを生き、ソ連での収容所生活を経て、戦後イスラエルに移住、更に南アへ。その一連の家族史がホロコーストとアパルトヘイトに対する著者の関心の背景をなす
訳者 二階宗人 1950年生まれ。早大卒。NHK記者。特派員としてローマ、パリ、ジュネーヴ、ロンドンに駐在。ヨーロッパ・中東・アフリカ総局長。NHKエンタープライズ・ヨーロッパ社長。現在日本宗教学会会員、チェコ音楽コンクール顧問、ホロコーストを巡る思想と宗教間対話をテーマに研究

発行日           2012.8.31. 印刷               9.10. 発行 発行所みすず書房
音楽はナチ支配下のユダヤ人ゲットーと強制収容所において、どのような役割を果たしたのだろうか。本書は音楽を手掛かりに、ホロコーストの深部と個人の内面への窓を開く ナチズムの犠牲者をめぐる戦後の証言は生存者によるものだが、歌は生きて還らなかった人々の声を伝える。ナチに協力するユダヤ人当局への怒り。宗教への不信。不安と恐怖。従来のユダヤ人の受難と抵抗の「物語」には収斂されない、多様で複雑な人間の生と経験がよみがえる ゲットーも収容所も他の社会と同じく、階層化された社会だった。音楽は格差を表し、格差を作った、飢餓に苦しむワルシャワ・ゲットーで、音楽会や舞台演芸が隆盛をみる。ユダヤ…

占領都市 TOKYO YEAR ZERO II  David Peace  2012.11.26.

イメージ
2012.11.26.占領都市 TOKYO YEAR ZERO II Occupied City         2009
著者 David Peace1967年ヨークシャー生まれ。現在日本在住。1999年『1974 ジョーカー』で作家デビュー。2003年イギリス文芸誌「Granta」の選出する若手イギリス作家ベスト20の1人に。04年『GB84』でジェイムズ・テイト・ブラック記念賞受賞。本書は07年発売の『TOKYO YEAR ZERO』に続く《東京3部作》の第2作で、同3部作は下山事件を描く次作により完結する予定
発行日           2012.8.25. 第1刷 発行所文藝春秋
1948.1.26. 雪の残る寒い午後。帝国銀行椎名町支店に白衣の男が現れた。男が言葉巧みに行員たちに飲ませたのは猛毒の青酸化合物。12人が死亡、4人が生き残り、銀行からは小切手と現金が消えた。悪名高い〈帝銀事件〉である 苦悶する犠牲者たちのうめき、犯人の残した唯一の物証を追う刑事のあえぎ、生き残った若い娘の苦悩、毒殺犯と旧陸軍のつながりを知った刑事の絶望、禁じられた研究を行っていた陸軍七三一部隊の深層を暴こうとするアメリカとソヴィエトそれぞれの調査官を見舞う恐怖、大陸で培養した忌まわしい記憶と狂気を抱えた殺人者 史上最悪の大量殺人事件を巡る12の語りと12の物語――暗黒小説の鬼才が芥川龍之介の『藪の中』にオマージュを捧げ、己の文学的記憶を総動尾員して紡ぎ出す、毒と陰謀の黒いタペストリー。アラン・ムーア『フロム・ヘル』に比すべき呪われたアンチ・ミステリ大作―――本書はフィクション
1948.1.26.(月)15:20pm犯人が帝国銀行椎名町支店を訪問 支店長は腹痛で14:00pm早退。代理が面談 類似事件 ⇒ 48.1.19.三菱銀行中井支店(金庫が閉まっているのを見て立ち去る)、47.2.14.安田銀行荏原支店(薬を飲まされたが未遂に終わる。名刺の印刷が3月となっていることから、Wikipediaにある10月の方が正しい?324ページの平沢の自白では8月になっている) 安田銀行事件で残された名刺を1枚1枚追跡して、3月7日人格者として知られた有名な画家(水彩画を皇太子に届けたりするほど)の平沢貞通に辿り着くが、写真がモンタージュに似ていなかったり、アリバイもかなり確実だが、1月末に家族に8万もの金…