投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

チョコレートの王国  Joel Glenn Brenner  2012.9.27.

2012.9.27. チョコレートの王国 The Emperors of Chocolate  Inside the Secret World of Hershey and Mars1999
著者 Joel Glenn Brenner1989年ミズーリ大コロンビア校卒。同年から菓子産業の記事を書き始める。マーズ社の中の取材が許された最初で唯一のジャーナリストであり、『ワシントポストマガジン』に掲載された彼女の特集記事は多くの賞を受けた
訳者 笙(しょう)玲子 翻訳家
発行日           2012.5.11. 印刷               5.22. 発行 発行所みすず書房
チョコレートの会社――そこには、ロアルド・ダールのファンタジー小説『チャーリーとチョコレート工場』そのままの、秘密と野心に満ちた世界があった コーラとともに、アメリカ大衆文化の象徴と言えるチョコレート業界で常にトップを争ってきた、板チョコとキスチョコの「ハーシー」、色とりどりのM&Mチョコで知られる「マーズ」。いずれの創業者も手作り菓子の行商から身を起こした、アメリカンドリームを体現する人物 ミルトン・ハーシー(1857~1945)は、チョコレート工場を中心に据えた理想郷づくりに挑み、マーズ家2代目のフォレスト・マーズ(1904~99)は徹底した合理化と品質管理を具現化し、自社を巨大企業に押し上げた。彼等は、「戦争」をもビジネスにしたたかに利用、チョコレートは軍の糧食の柱となり、国内では愛国産業として浸透、占領地では懐柔のために使われた マスコミへのガードが固く、多くの秘密に包まれてきた、2つの「チョコレート帝国」の歴史と企業風土について、数百人に及ぶ関係者への取材や資料調査から紐解き、この魅惑的な菓子から見えるアメリカの姿と20世紀という時代を活写する。 1999年の初版刊行時に、『ワシントンポスト』等で絶賛され、アメリカでいまも読み継がれるノンフィクションの傑作
本書のきっかけは、1989年夏『ワシントンポスト』紙からの依頼 ⇒ ライバルのハーシーに全米トップの座を奪われたマーズ社の反応を詳しく特集記事にして欲しい マーズがこれまでマスコミと接触したのは1度だけ ⇒ 「チョコレート業界のハワード・ヒューズ」の異名をとるマーズの帝王フォレスト・マーズ・シニアがインタビューに応じたもので、1966年…