投稿

独裁者たちの最期の日々  Diane Ducret編  2017.4.18.

2017.4.18.独裁者たちの最期の日々(上・下) Les Derniers Jours des Dictateurs            2012
編者  Diane Ducret ソルボンヌ大、高等師範学校卒。哲学修士号。テレビの文化ドキュメンタリー作品の制作に携わり、歴史番組で司会者を務める。Femmes de Dictateur、Femmes de Dictateur 2(『女と独裁者――愛欲と権力の世界史』)はベストセラーに Emmanuel Hecht レクスプレス書籍部編集長
訳者 清水珠代 1962年京都市生まれ。85年上智大仏文卒
発行日           2017.3.15. 第1刷 発行所原書房
本書は、世界に惨禍を巻き起こした主な独裁者たちの最期の日々に初めて焦点を当て、史実を追いながら、その今日的意味を問い掛けている。 信頼できる資料に裏付けられた臨場感あふれる24章はいずれも、多くの新たな事実を掘り起こした有意義なルポルタージュに基づいている。 これらの独裁者たちの肖像は、殺戮、陰謀、クーデター、革命が繰り返された残虐極まりない半世紀の歴史そのものだ。 秩序と繁栄の希望を餌に、民を欺き続けた体制の姿でもある。

まえがき――弔いの鐘が鳴るとき 世界の現状は、いまなお常軌を逸した政治体制に支配されている さらに忘れてならないのは、暴政とまではいかないにせよ、強制力によって国民を自由から遠ざけている専制的政権 歴史の専門家とジャーナリストがそれぞれ歴史の大筋に今日的視点を織り込んで真実を伝えた24章 暴君の死は、1つの世代がどの世代に属するのかを決める境界線になる 暴君の失脚によって真に人間らしい要求と自発的な連帯が生まれる 強迫観念の威力がなくなると、もはや独裁者は何者でもなくなる ⇒ 彼らは権力を掌握していると思っているが、権力が彼らを掌握している 冷血漢の処刑に対して人々が感じる不快感から、さらに苦い味を残す 独裁者の最期は、えてして伝説のクライマックスとなる。その不吉なあらましが過去のものだと思ってはならない
第1章ドゥーチェの二度目の死 筆者 エマニュエル・エシュト(レクスプレス書籍部編集長) 1945.4.28. ムッソリーニは愛人とともに殺された。その時の状況にはいまだ謎が残る 翌朝ミラノに運ばれた遺体を群衆が吊し上げられ、さらし者にされた ムッソリーニの政治家としての死…

ビッグデータの残酷な現実  Christian Rudder  2017.4.12.

2017.4.12. ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実――ネットの密かな行動から、私たちの何がわかってしまったのか? DataclysmWho We are When We Think No One’s Looking2014
著者 Christian Rudder アメリカの大手出会いサイトOkCupid共同創業者。同社が運営する大人気のブログ『OkTrends』の執筆も手掛けた。ハーバード大卒(数学専攻)
訳者 矢羽野薫 会社勤務を経て翻訳者に。慶應大法卒
発行日           2016.8.4. 第1刷発行 発行所ダイヤモンド社
ハーバード大数学科を卒業後、4人の仲間で一緒に創業したのは、なんと出会い系サイトだった。10年後、世界最大級の出会いサイトとなったサービスから生み出された膨大なデータの分析に、著者は満を持して取り組んだ。本書は、男女関係のビッグデータから見えてくる、普段は目にすることが出来な人間の本質を炙り出すことを目的に書かれた
訳者まえがき  ビッグデータがリアルで人間臭い私たちの心の中を炙り出す 本書のビッグデータの舞台OkCupidは2004年開設されたアメリカの大手出会いサイト、11年にIAC/インタラクティブに50百万ドルで買収され、同社傘下の他のサイトとともに22%のシェアを持つ 「アルゴリズムによるマッチング機能」「誰でも歓迎」「無料」をモットーに、10百万以上のユーザーを集め、毎月300組のカップルが誕生 本書は、ユーザーから収集した大量のデータを基に、私たちの本音を数学的に炙り出そうという試み。データというレンズを通して私たちの心の中を覗こうとしている。恋愛のパートナーを探すために提供された生身のデータだからこそ、とても人間臭く、現実的で、私たちの本音が溢れている
イントロダクション ビッグデータは、あなた自身を語る ギリシャ語のKataklysmosは旧約聖書に登場する洪水の神話で、神々が文明を破壊するために洪水を起こしたとされる。Dataclysmはその英語表記のCataclysmosを基にした私の造語で、2つの意味を込めている。1つは、前例のないデータの大洪水。今日までに集められたデータは底なしに深く、ノアの大洪水のように40日間、昼夜なくデータの土砂降りが続いても不思議ではない。もう1つは、世界が…