投稿

11の国のアメリカ史  Colin Woodar 2018.1.12.

2018.1.12. 11の国のアメリカ史(上・下) 分断と相克の400年 American Nations ~ A Histry of the Eleven Rival Regional Cultures of North America           2011
著者 Colin Woodard1968年メイン州生まれ。91年タフツ大卒後、米紙のヨーロッパ特派員を経て、96年シカゴ大大学院修了。歴史家・ジャーナリスト。現在アメリカで最も注目を集めている中堅ジャーナリスト。環境問題や特色ある地方分化に強い関心を寄せる。 16年『アメリカ人の性格――個人的自由と公共善の壮大な闘争の歴史』を著し、今日の合衆国の鋭い政治文化的な対立の根源を、私生活への規制や干渉を嫌い個人の自由と独立を尊ぶ南部プランターの伝統と、教条的で公共善を最重要視するヤンキーダムの価値観との相克に見出し、社会的経済的格差が拡大し混迷を極める現代のアメリカ政治においてリベラルな民主主義の回復に期待を寄せる
訳者  肥後本芳男 同志社大グローバル地域文化学部教授。アメリカ史。序文・序章・第4部・終章担当 金井光太朗 東外大大学院総合国際学研究院教授。アメリカ政治史。第1部・2部担当 野口久美子 明治学院大国際学部准教授。アメリカ史・先住民研究。第3部担当 田宮晴彦 水産大水産流通経営学科准教授。アメリカ史。第1部担当雄
発行日           2017.10.25. 第1刷発行 発行所岩波書店



【下巻表紙裏】 北米の歩みを、11のネイション間の分断と相克の歴史として描くユニークな歴史書。下巻では、西部開拓・南北戦争から現在までを扱う。「北部対南部」という2項対立の見方を修正し、いかなる南北戦争像を描くのか。20世紀半ばより先鋭化したネイション・ブロック間の対立は、アメリカをどこへ導くのか。北米大陸の再編までをも展望する壮大な歴史叙述
本書で言うネイションとは、主権を持たないものの、特有の歴史・民俗・文化を共有する地域的な文化圏という意味で用いる
1.エル・ノルテ ⇒ メキシコとその国境沿いの州南部 2.ニューフランス ⇒ ルイジアナ南部とケベック 3.タイドウォーター ⇒ イーストコーストのデラウェアからカロライナ 4.ヤンキーダム ⇒ ニューイングランド及び5大湖西部ミネソタまで 5.ニューネザーランド ⇒ ニュージャージー…